【Hidden City小話】影の街にやってきた理由と、街ができた経緯を振り返ろう

アプリ(ゲーム), Hidden City(ヒドゥンシティ)

アプデマダァ-? (・∀・ )っ/凵⌒☆チンチン

となっている影の街住民のみなさん こんにちは。

Hidden Cityでやることが無い時に読む、小話のページです。

 

我らが愛するこの影の街、Hidden City。

どうして主人公はここにたどり着いたのか、そもそも「影の街」とは何なのか。

忘れている人、結構いるんじゃないかなとふと思ったわけです。

そうです、私のことです(ひとかけらも覚えていませんでした)。

ということで、今日は「ゲーム序盤はこんなストーリーがあったんだぜ」っていう話。

影の街は誰がどうやって作ったの?

影の街は「気づいたらそこにあった」とかいう類のものではありません。

きちんとできた経緯が明らかにされています。

そう、影の街はある機械の使用を誤ったことでできてしまったもの。その機械の作者はレオナルドです。

機械が不完全だったのか、事故だったのか、それとも誰かの邪魔が入ってこの結果になったのか。

その真相は分かりませんが「かつて現実世界にあった街が、機械によって夢とも現実ともいえない不思議な街へと変貌してしまった」

それが影の街の成り立ち、というわけです。

この手紙を読むと、影の街を作り出した機械は街のどこかにあるが行方不明で、その機械を狙う者もしくは存在を隠したい者…つまりレオナルドとは別の勢力が存在することが分かります。

レオナルドが例の機械の行方を知っているのかどうかは、この文面からは分かりませんね。

ただ、この街について探るのは非常に危険であることが予想されます。

レオナルドって誰?影の教団と戦っている秘密組織「五賢守護団」のメンバーの一人。
レオナルドの人物像については深く明かされていないが、マーサの過去や秘密の部屋の事件等で再び登場する)

 

主人公が影の街にやってきた経緯と、ジェイコブの謎

影の街にやってきた経緯

主人公とジェイコブは友人関係。

2人は偶然この街に迷い込んでしまい、ジェイコブは何かに連れ去られてしまった…というところが、このゲームのスタート地点です。

偶然迷い込んだとはいえ、レオナルドは「あなたは影の街に選ばれた人間だ」と言っているので、偶然というよりは街に呼び寄せられた…と言った方が正しいように思います。

 

ジェイコブは影の街と深い関係がある?

ジェイコブは影の街に到着早々連れ去られてしまうのですが、その行方を追おうとした主人公と刑事は、市役所で謎の写真を手にします。

(お馴染み「案内人の装置」コレクション。1番目と2番目の写真に注目)

この写真に写っているのはジェイコブ。しかしかなり古いと思われるこの写真、影の街でとられたもの(バックの建物は赤い窓の家)なのですが、なぜジェイコブが写っているのでしょうか。

もしやジェイコブは、影の街にきたことがある…?

案内人の装置により、ジェイコブは生きていて街の中心部あたりにいることが判明しますが、そこは何年も前から深い霧に包まれているため入ることができません。

マーサも周辺を探ろうとしますが力及ばず断念。ジェイコブの謎については、有効な手掛かりがないままとなっています。

 

主人公がみたジェイコブの幻影

ジェイコブの行方を追う中で、主人公は彼の幻影を見ます。

「収集家で手がかりを探せ」というメッセージを受け取り、刑事と共に収集家の家を捜索・謎のロボットを発見し復元。

そのロボットを起動させると、手紙を手に入れることができた…その手紙が、先ほど冒頭で載せたレオナルドからの手紙です。



これ。

ここまで念入りに隠されていたのを考えると、影の街の謎について探るのは危険が伴うだろうことが分かりますが、ジェイコブの行方を知るには避けては通れない道。主人公は影の街の謎を解きつつ戦わなければならない…と。

こうしてみると、物語序盤はかなり謎に満ちた内容からスタートしたんですね。

 

にしても、ジェイコブは一体何者なのか気になりますね。

元は影の街の住人だった?それとも街の成り立ちに何か深い関係が…?

 

主人公は特殊能力者

影の街にたどり着いて、主人公は新しい能力が開花しています。

それは「影の街において目当てのものを探し出す能力」。なので、Hidden Cityはもの探しゲームなんですねぇ。

刑事をはじめ、街の人々が「〇〇を探してちょうだい」と頼るのは、主人公が探索能力に長けているから。あのマーサでさえ探せないものを、主人公は見つけることができるのです。

こういう設定がきちんとあるんだぜ、ということを

まさか忘れているなんて言わないよなぁ 相棒(刑事の声で再生

あれっ マツイさん様子が変ですが 大丈夫ですか

 

まとめ:序盤の物語は謎ばかり

そう、いい具合に謎ばかり。この雰囲気に誘われてHidden Cityを始めた、という人も多いと思うのですが…なかなか進展せず焦らされ続けるのがHidden Cityです。つまりMな人にうってつけn(略

 

翻訳版と原文では、ニュアンスがちょっと違う部分もあるようで、こういう時 英語ができたらなぁ…とつくづく思いますね。

ところで、この物語序盤のストーリーについて非常によくまとめられている記事を見つけました。

各登場人物のセリフや原文(英語)での意味等、めちゃくちゃ分かりやすく読みやすい素晴らしいブログです。

私がざっと書いたこのページよりも100倍分かりやすいので、序盤をもう一度読みたいぜ!という人はぜひ訪れてみて下さい。

ということで、今日の休憩はここまで!


使用しているゲーム画像の著作権その他の知的財産権は、ゲームの提供元であるG5 GAMESに帰属します。
当ブログで使用した画像の無断使用・転載はご遠慮ください。