【Hidden City】過去モード攻略:効率よく進める方法

アプリ(ゲーム), Hidden City攻略(ヒドゥンシティ攻略)

過去モード攻略

得意不得意それぞれ人によって違いますが、過去モードが苦手と言う人は結構多いです。

どうしても見つからない場合、スクショして開いて確認して…っていう方法もありますが、いちいちやってたら面倒くさいことこの上ない!

今回はその過去モードについて効率よく進める方法として、立体視について書いていこうと思います。

過去モード(間違い探し)は立体視で格段に楽になる

立体視は間違い探しゲームによく使われる方法です。もちろんHidden Cityにも有効。

これが使えるようになるとかなり楽です。今まで過去モードから逃げ続けていた苦手組の方々にはぜひ挑戦してもらいたいですね。

立体視の過去モードへの応用

左右の画像を中央に集めて(重ねて)見る、というイメージだと分かりやすいですね。

上手くいくと真ん中でぴったり重なって、2枚の絵を同時に見ている状態に。

左右で違いがあるところが浮き上がったような感じに見えます。つまり、左右で違いがあるところが一目でわかるということです。

 

百聞は一見に如かず。言葉で説明しても分かりにくいと思うので、ぜひ一度やってみて欲しい!

<通常の状態>

 

<立体視後のイメージ。こんな感じに中央に2枚重なって見える>

※左右に違いがあればその箇所が浮き上がるのですが、画像にするのが難しいので
<通常の状態>の画像を立体視して確認してみて下さい。

立体視の練習

「立体視」といえば、「マジックアイ」もしくは「マジカルアイ」といった視力回復トレーニングが有名です。

絵を立体的に見るというやつですね。「ステレオグラム」とも呼ばれます。

本当に視力回復するのかどうかはさておき、やったことがある人はすぐコツを掴めるかと思います。が、初めてという人は少々時間がかかるかもしれません。

立体視には「平行法」「交差法」の2つがありますが、過去モード攻略に使うのはどちらでも問題ありません。(意識したことはないですが、マツイはたぶん平行法です)

 

例えばこういった動画で練習したり

※目の焦点をずらすというのは、「より目にする」というイメージです。2つの点をより目にしつつ合わせて3つにします

↑ より目にして点を集めるイメージ

 

このようなページで練習したり。

 

過去モードで立体視を使う際の注意点

① 赤色は、違いがあっても無くても浮き上がって見える
② 色が薄い物、小さい物は分かりにくいことがある

① 一度やってみると分かるのですが、赤は基本的に浮いて見えます。勘違いしやすいので、赤が濃い部分は要注意。

② 立体視はとても便利な方法なのですが、色が薄い物や小さい物はやはり見逃しやすいです。
最初から最後まで立体視で探すのではなく、見つからない時は通常の探し方で見たほうが分かりやすい場合があります。
状況に応じて使い分けるのがベスト。

 

間違い探し系ゲームは立体視が超おすすめ

立体視はHidden Cityに限らず間違い探し系にはよく使える方法なので、他のゲームの間違い探し系等詰まってる時はぜひぜひ使ってみて欲しい!

慣れるとほんと良い!ほんと楽です…!

 

 

ただ、この方法はHidden Cityだと過去モードは良いですが鏡像モードには使えません。

胸像モードはまた別の時にでも。

(ぶっちゃけ鏡像モードは自力で探すしか方法はないと思っています)

 

ということで今日の休憩はここまで!