【Hidden City】2019イースターイベント「最高の時間」についての補足など

2019-04-05アプリ(ゲーム), Hidden City(ヒドゥンシティ)

クリスマスイベントに引き続き、今回のイースターでも「最高の時間」が登場しました。

かわいいイラストのステッカー集めです。

挑戦しやすいクエストが多い

2018クリスマスイベントに比べて、クリアまでの難易度は低めに設定されているクエストが多いです(一部を除く:下記「注意したいクエスト」を参照)。

いくつか時間がかかりそうな項目はありますが、ランダムで排出されるアイテムを集める…といったクエストが無いので、ある程度目安を設定しやすい内容になっています。

いつもオールクリアしている人は、楽に感じられるかもしれません。

フレンド訪問についても難しい内容ではないので、新しくフレンドをたくさん追加しなければ…と焦る必要もなし。
(現在フレンドが全くいない人で「最高の時間」クリアを目指す人は、追加する必要があります)

 

注意したいクエスト(時間がかかりそうなポイント)

人によっては難しくなりそうと予想されるのは以下の3つ

春の精霊

イベントをオールクリアする、というクエスト。オールクリアということは、ロケーションランクをⅥ(マスター)まで上げなければなりません。

普段ストーリーのみでランクⅥまでやらないという人には、少しキツく感じるかもしれません。

自然の妖精の花輪

今回トーテム獲得の条件が、コサージュ250個です。ここではその更に倍の500個が達成条件となっています。

トーテムまでは頑張る人が多いと思うのですが、その後また倍の数を集めるとなると…そこそこ時間とスタミナがかかります。

優雅なスノーイー

ボガートを30回クリアで達成という少し厳しめのクエスト。

幻覚以外のアノマリーを活用してくれ!とアンケートや要望を出していたのですが、なんとここで実現するとは…。

ジャム(ボガート呼び出しアイテム)を多く持っている人は楽勝ですが、手持ちが少ない人には最難関となるかもしれません。

 

ボガートを出現させるには?

現状「これが有効!」といった方法は無いに等しいです。アイテムで呼び出す・ロケーションを周回してアノマリーを出現させる、ぐらいしかない。

頻繁に出現するアノマリーではないので、幻覚とはまた違った苦しさになるやも…。

参考:ジャム(ボガート呼び出しアイテム)が報酬のコレクション

ジャムが無い場合は、コレクションをまとめて報酬を集めるのも手です。コレクションが無い人は、ウィッシュリストに載せて助けを求めるのもアリ。

この2つのコレクションは、手持ちが少ない人が恐らくは多いので、もしかすれば援助も期待できないかもしれません。

言わずもがなですが、課金すれば確実なので効率重視の方はぜひ。(注:G5の回し者ではありません)

 

ステッカーが複数ゲットできる?

どうやら今回の「最高の時間」は、ステッカーは1人1枚ではなく複数枚ゲットできるようです。

例えばこのステッカー。

このクエストではフレンドを150回援助することが条件ですが、300回・450回・600回…のように150回毎にそれぞれステッカーをゲットできます。

イベント終了後、ステッカーはウィッシュリストに載せることができるようになるはず。ということは、余っているステッカーをフレンドに贈ることができるということですね。

前回のクリスマスイベントの時はルビーで買うしかなかったので、これはいいシステム。

おそらく前述した「注意したいクエスト(時間がかかりそうなポイント)」で挙げた3枚が、人気のステッカーになりそうです(今回はステッカー売り出さないのかね?)。

 

フレンドの「最高の時間」の進捗は、訪問先で閲覧できる

フレンドがどこまで達成しているかは、訪問してみると分かります。

訪問した際、画面右側に本のマークが出てるのでそこから閲覧可能です。

 

春のブーケは いつゲットできる?

一番左にあるステッカー「春のブーケ」ですが、空欄のままの人も多いかと思います。

獲得条件は「春の神秘イベントに参加すること」になっていますが、

・イベントオールクリアする
・イベント終了時

このどちらかの時にゲットできるようです。

私はマスターランク到達時(オールクリア時)にゲットしています。

オールクリアしなくても、イベント終了時には必ずもらえるとのことなので心配せずとも大丈夫。

 

 

前回のクリスマスイベントでも話題になりましたが、このステッカーのイラストかわいいですよね。

今回はバグが無いよう心から祈りたいと思います。(フラグ

全消去とかやめて…ほんとやめて!


使用しているゲーム画像の著作権その他の知的財産権は、ゲームの提供元であるG5 GAMESに帰属します。
当ブログで使用した画像の無断使用・転載はご遠慮ください。