【実験】全くイラストが描けない私が、1週間で雲を描けるようになるのか~その3

絵の練習

雲のイラスト1週間練習してみた③

さてさて、続きです。

5日目で下絵の重要さを実感した私でしたが、その経験をもとにいくつか雲を描き始めます。
6日~7日目の様子を綴ります。

 

6日目 ― 下絵をもとに、色々な角度から描いてみる

下絵がここまで重要だったとは。
なぜ私は、下絵を吹っ飛ばすという暴挙にでていたのか・・・。

ここからは、すべて下絵をきちんと用意し色を付けていきます。
1枚にかける時間を、大体30分~1時間ぐらいに設定します。
この日は時間があったので、たくさん描いていますね・・・。

空 まとめ

ここでちょっと困ったのが、色の付け方です。
この4枚は、今までの描き方と違う方法で描いています。

これについては最後にも詳しく説明しようと思うのですが、影の暗い色を、上から塗り重ねる方法で挑戦しています。

やはり難しく、なかなか思ったように仕上がりません。

影の付け方も、くっきりやった方がいいのか、ぼかしながらやっていったほうがいいのか。
分からないところが多いためにバラバラです。

が、全体的に雲に厚みがでますし、見た目そうなった方が好きなので、この方法をもっと練習していこうと決めました。

ん~~~・・・
光の当たっている方向を考えて影を作っているのですが、下絵の時点で変な方向になっていたり。
そのあたり想像力も乏しく、追いついていけてませんね。

ここは、色んなものを見て描いて~の「経験を増やしていくしかない」と思うので、頑張って勉強していきたいと思います・・・!orz

7日目 ― 入道雲への挑戦

6日目に立体的な雲に挑戦していたので、入道雲を描いてみたいと思います。

数日前に一度挫折していますが 笑
さて、その時よりもうまく描けるでしょうか?

写真をモデルにして下絵を描いていきます。

下絵

なんだか線の太さがバラバラですが、そこは気にせず・・・。
で、この雲を描く時に、以下を気を付けました。

①いくつかの雲が「集まっている」大きな雲であることを意識。
影の色は2種類(使う色が増えると難しくなるため)。
③できるだけ「ランダム」に。均一にならないように動きを出す。

では、色を付けていきます。

入道雲

・・・ぽつぽつ変なところはありますが 笑 なんとか完成。

以前よりかは「雲っぽく」見えるのではないかと思いますが・・・。
いかがですかね・・・。

ちなみに以前のものは・・・これ↓

雲

ナンダコレハ。。。。。
これ なかったことにしていいすか先輩・・・。

 

さて、これで1週間が終わりましたが、初日と比べると少しは向上したのではないでしょうか。

今後も練習は続けていくので、1か月後とか半年後とか、区切りの良いところで再び、「考察&見比べ」をやってみたいと思います。

雲の描き方についての解説

私は2つの描き方を、それぞれで試している最中ですが・・・それを簡単に解説。

1つはariさんのブログを参考にした描き方。
雲の下地(白)を70~80%で描いて、不透明度を調整しつつ描いていく方法(背景の色が透ける)。

もう一つは、雲の下地の白をしっかり入れて影は上から暗い色を描き足していく方法(背景の色が透けない)です。

絵にするとこんな感じ。並べて描いてみました。

描き方の違い

向かって左が不透明度を調整した雲(影になる部分は、背景の色が透けて見えている)、右がしっかり色を入れる雲(影は上から暗い色を塗り足している)、です。

どちらをメインに使うかですが・・・
雲の形状や景色によって、描き方はそれぞれ変えていくと思うのですが、暫く右の方法で練習してみたいと思います。

なぜかというと、「下絵をしっかり準備して描く」という方法でやってみた結果、

影などの「色を変える部分」について、影を塗り足していく方法(透けない方法)の方が、うまいこと色を付けやすかったから、です。

とはいえ今までの方法(透ける方法)も、薄い雲や風の流れを作ったりする際には必要になると思うので、結局はどちらの方法もやっていくことになります。

が、とりあえず「雲のかたちを作る」練習としては影を塗り足していく方法(透けない方法)でやっていきたいと思います。

 

影を塗り足していく方法は、このような講座を参考にしました。

<お絵描き講座Palmie (パルミー):夏空と雲の描き方講座>

パルミー公式サイト → https://www.palmie.jp/

ひぃ~なんてきれいな入道雲なんだ!
このレベルにいくには、どれだけかかるんでしょう。
遠い道のりですが、少しでもここに近づけるよう頑張ります・・・!

1週間のまとめ

まだまだまだまだまだまだ描けていませんが・・・
でも、最初の頃に比べたら、それっぽいも雲も少し描けるようになったのではないでしょうか。

最初の状態これでっせ。これ。
(だんだん恥ずかしさに耐性ができてきた模様)

空

ということで、結論。

イラスト素人でも
1週間あれば、雲っぽいものは描けるようになる!

ちなみにPhotoshopを使用していますが、機能は「色を塗る」「色の境目をちょっとぼかす」ぐらいしか使っていないので、特別な技術は一切必要ありません。

イラスト初心者に加え、ソフトも初心者だったとしてもほぼ問題ないですね!

雲を描いてみたいけど、難しそうだなぁ・・・なんて思っている人!
私がブログ内で紹介した動画+イラスト講座ブログをぜひ一度眺めてみて下さい!
上達する要素は十分にあるので、ぜひ挑戦してみて欲しい・・・!

大丈夫、こんな私でも上達できているから! 笑

今後も続けていきつつ、描けるものの幅を広めていけるよう、頑張りたいと思います。

もう少ししたら、GIMPでも試してみる予定です。

GIMPのダウンロードはこちらですよ!(フリーソフト)

 

 

てな具合で、今日の休憩はここまで!